原油市場見通し(IEA中期報を受けて)

 2月16日にサウジアラビア、ロシア、ベネズエラ、カタールの4ヶ国石油相による非公式会合で、4ヶ国以外の主要産油国も足並みを揃えることを条件に、今後の産油量を1月生産水準に原油生産を凍結することで暫定合意した。ただし、市場では減産期待が高まっていたため、生産凍結実施に対する懐疑的な見方の広がりや、1月の各国生産量が過去最高水準に近い事、主要産油国が減産に踏み込むまでには至っていないことなどが嫌気された。

 OPEC産油量は、1月は日量32.63百万バレルと増産基調を継続している。ロシアは日量10.88百万バレルと過去最高を記録。実施条件となっている他の産油国も同調することについては、多くのOPEC諸国が既に賛同の意を示している。ただし、経済制裁が解除されたイランは、暫定合意を支持するとコメントしたものの、自国が従うかについては一切立場を表明していない。
 
1
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事