貴金属全面高へ傾斜中

FOMCアナウンス(28日朝4時)が焦点。緩和ペース鈍化との見方が大勢。

目下、原油と株価に依存した為替とコモディティとなっており、原油が続落停止の横ばいに入りつつ、株価上昇がダウ30から開始。

この流れでマイルドな引締めを見込み、金が上昇し白金が南ア火災事故の影響もあり反発。

ゴムは停滞色が残るものの、貴金属では金、白金、銀の立ち直りが見えている。

シカゴ穀物は小麦とコーンの相関上昇となっていてこれも上向き。
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事