AMARIショックに備える、円全面高へ回帰、原油売り再開

ショートカバー圧力残存のドル建ての金、白金。日常的な調達残存ありの金と、売り傾斜の白金は目先は上向き。パラジウムは売りのまま。金は1/26最終日の1,110コールのインザマネー接近で利食い先行、上手いことボラティリティを買う動きあり。

原油はブレント、WTIともに33の戻り抵抗を確認して反落、下落再開あり。

シカゴ穀物はコーンが堅調、ロシア産小麦に輸出関税付加で米国産に競争力発生も、ということで目先は金、白金買い、原油売り、ゴムは中立的で、コーンは買いのスタンス。

ドル円は円高回帰ゆえ、このあたりを念頭に。※米財務省のプーチン大統領抑え込みが続く。
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事