VLCCが韓国、米国へ移動開始。原油反転あり

29日の日銀政策決定会合に向け、追加緩和思惑が強まる。政府関係者のWSJへのコメント提供など用意周到。ユーロはニュートラルでオージー、カナダと原油安、チャイナクラッシュで下落していた通貨が反発。

原油は横ばいに入る。貴金属では金が買いとなり、ドル建て円建てとも上に戻る。売りの流れは一旦収束し。買い目線で見ていく週末となります。北海から今年初めてのアジア向け成約が発生する見通しで、割安な北海からフロリダ、韓国へとVLCCが移動開始中、これも季節替わり反転あり。

シカゴコーンは南米産の現物価格上昇で米国産に実需がシフトし確り。ということで久々に買い目線で見ていくTOCOMとなります。
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事