イランの復活、サウジの没落

今朝のBBCのアジアニュースでは、2015年のアフリカから中国への輸出は40%減。目先はドル円の売りの流れが休止し、オージーが反発しリスクテイクの円キャリー発生余地。

一方、貴金属はドル高のもとでドル建てから失速傾向で金銀から下落再開。

原油はバレル30割れへ静かに定着していく動きへ。ドバイは25.94ドルに位置。サウジの財政悪化による海外資産売りの影響が株式市場に残る。

中東での台風の目は没落するサウジと台頭するイラン。原油安のもとでタイ政府の原料ゴム買い付け効果も限定的でしょう。

コーンはアルゼンチンでの輸出価格上昇で米国産輸出に競争力が発生している。
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事