原油安の影響を注視、コモディティ全面安へ

原油安余波の影響を注視。バレル30ドルへの下落を主導しているのは中東原油。米国要因ではないため米国からの原油関連報道を重視するのはリスクあり。全世界的に余剰。原油安は新興産油国経済を圧迫し、原油関連産業の雇用を圧迫しつつ、マクロ的には緩和と同様の経済効果を持つ。ともあれ、貴金属を含め全面安に傾斜しつつある。下値リスクを意識で。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事