サンクスギビングを前に、トレンドが消えた金価格

サンクスギビング26日が接近し、実質11月相場は今日まで。ユーロ売り継続にてユーロ円が重く、ドル円の買い回転も消えた。シリア領内でのロシア機撃墜はトルコに非ありでしょう。トルコはアメリカのトモダチですが、ロシアが相手では緊張にもならない小国と大国関係。ともあれ金と銀は保合へ回帰し連休入り。PGMは下落継続でプラチナが下落継続。原油はともに保合で目先トレンドが消えている。ゴムは上海5月限の下落追随で売りのまま。そしてシカゴコーンは輸出の強弱に左右されつつ値固めに移行します。ということで東京が動くのも今日まで。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事