ユーロショートの買い戻しへ傾斜(メタルは反発あり)

足もとはユーロショートの買い戻しが先行しメタルは短期反発も有り得る。感謝祭連休まであとわずかにせまり、しばし下げ休止の貴金属になるかも。ただし、大枠ではドル買い傾向は変らずで12月3日ECBを当初イベントに地合い継続若しくは変化を探る動き。

ジョンソンマッセイは南ア生産回復をもって2015年プラチナ需給見通しの供給不足幅を縮小。パラジウムが投資需要減退で失速としている。

そして、原油はドバイとブレントの価格差が2.59ドルに拡大するなかでVLCC2隻のアジア向け調達を確認し反発、下落ペースは緩和。

シカゴ穀物は収穫終盤のみぞれ降雪ありで、ここからは南米産との輸出需要競合に入る。本日、日銀会合は政策変更無しか。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事