金は9日に週内高値を形成か

雇用統計を経て、ユーロの戻りを確認へ、大きく時代が変るのは1.04割れから。ポンドが下落しつつ今週の下落が見込まれるのがオージー。ドル円は123~125の戻り限界を確認へ。貴金属は投機100%の円安背景に失速リスク残存の東京。ドル建ては1070ドル割れを意識で。地投資需要減退でジュエリー回帰の世界需給へ戻って行く。PGMも失速、貴金属は全面安継続。原油はドル建て横ばいの円安進行で中立的。シカゴ穀物は小麦は確りながら輸出需要が弱いコーン。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事