Gold年足再考/2016年は890~1090レンジ

2013年より陰線連続のダウントレンドの中にあり、2014年は515ドルレンジ、2015年は暫定で229ドルレンジとして、2015年の越年、2016年スタートを1090ドル。そこで年間200~230レンジとするなら、2016年は下値890~860ドルを意識。短期では5日NY引けでは、金で11月24日満期の1050プットの取引が最大、もうインザマネーに接近中で、利食いも見られる。感謝祭接近で今月の月末は25日まで。ユーロ下値トライ継続で金の1100割れ攻防を経てメタルは全面安へ。原油はトレンド安定せずながらようやく下落気配。シカゴ穀物は小麦だけが上昇しつつ後、失速。ゴムも売り目線を維持。上昇トレンドが明確に存在するのは株式市場で、これは良いことでしょう。さて、5日NY引けのブレイクアウトは、Gold12月限(GCZ5)、SILVER12月限(SIZ5)、パラジウム12月限(PAZ5 )、WTI12月限(CLZ5)、CORN12月限(CZ5)、SOYBEANS1月限(SF6)が、全てダウンサイドブレイク。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事