移動平均からのギャップは何ポイント必要なのでしょうか?

移動平均は、その単純さと簡単さからマーケットで最も人気のあるテクニカル指標の一つです。トレーダーが使える移動平均のストラテジーの一つは、価格が移動平均を上回るまで待って売るか、価格が移動平均を下回るまで待って買うかです。私がスキャルピングをするときは、メインチャートとして5分足と10期間移動平均を使用し、マーケットの速度を理解するためにマーケットに参入するときに密接してマーケットの動きを見ます。

下の図は、移動平均の設定について説明しています。

zu1
zu2

このトレーディングストラテジーは収益性を高めますが、トレーダーはこのストラテジーを使用する際に注意するべきいくつかのポイントがあります。

1.レンジ相場で使うべきでしょうか?

マーケットには2つの状況があり、マーケットがトレンドパターンなのかレンジパターンなのかを分析することが重要です。移動平均のギャップに対するトレーディングはレンジ相場の条件のみに最も適したリバーサルストラテジーです。私たちは、反転パターンのある一日の内のベストタイムを見つけ、その時間のみに絞ってトレードすることができます。

以下のレポートは、リバーサルストラテジーのトレーディングに集中するために、一日の内のベストタイムを見つけることに役立ちます。

zu3

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事