わかりにくい季節②

先週わかりにくい季節ということを書いたが、一週間で事態が変わるものでもない。NY原油価格は44ドルを下回り、NY金価格は1166ドルであるが、どちらもこれから上がるという予想は書き難い。シカゴ小麦が上昇したため、シカゴトウモロコシも少し上がったが、旧ソ連邦地域の寒波とテキサス州などの雨量が下回ったためと言われている。しかし小麦もトウモロコシも収穫はすでに進んでおり、それほどの影響があるとは思えない。売り方の手仕舞い買い戻しが主だと思われる。

今週のFOMCで利上げがあると予想する人は少なく、万一利上げが行われれば大きなサプライズとなるだろう。12月に利上げされると予想する投資家の割合は50%以下である。しかし、来年上半期までに利上げされるとの予想は100%となるだろう。

ドルインデックスは今年の1月2日を100とすると、3月13日に+10.2%ドル高となり、8月25日に+3.3%まで下落したが、9月25日+5.7%まで回復。その後、10月14日+3.1%下落、そして、27日は+6.2%となっている。こうしたドルの動きは利上げのバロメーターとなっている。商品価格はこのドルの動きに沿って逆相関していると言って良いだろう。ドルが強くなると商品価格は安くなるということである。

今後は利上げの動きすなわち、米国の雇用統計を初めとする景況感と消費者物価指数の動きが注目されるが、米国では住宅以外の消費は頭打ちで、ドル高による輸出の減退で鉱工業生産は伸びが鈍っており、輸入物価安により9月の物価上昇率はゼロ%である。11月3日には米国の国庫資金が枯渇するという債務上限問題を控えて利上げのムードは消し飛んでいる。暫定予算が組まれたので、2011年のような官庁の休業に至ることは避けられているが、共和党内の下院議長争いもあり、米国政治指導力に欠ける展開となっている。オバマ大統領のレイムダック入りは間近い。

東シナ海には米国のイージス艦が派遣されるようだが、商品価格を動かすほどの震度は無いと思われる。やはまだわかりにくい季節は続いているようだ。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事