9月までの中国の自動車生産台数は4カ月連続で減少

中国汽車工業協会の発表によると、9月の自動車販売は前年同月比2.1%増の202.48万台、生産は5.6%減の 189.43万台となった。販売は小幅ながら6カ月ぶりにプラスに転じ、年内では1月と3月以来となる200万台に達した。一方、生産は5月以降、マイナスが続いている。1-9月の累計で見ると、販売は前年同期比0.3%増の1,705.65万台、生産は▲0.8%減の1,709.16万台となった。乗用車の9月の販売は+3.3%増の175.12万台、生産は▲6.0%減の162.07万台。販売は小幅ながらプラスに回復したが、生産は4カ月連続でマイナスとなった。販売・生産ともに、SUVを除く全ての車型の販売不振が続いている。1-9月の累計は販売が+2.8%増の1,454.78万台、生産が+1.5%増の1,460.63万台。伸び率は販売が▲7.4ポイント、生産が▲9.8ポイント低下した。乗用車販売のうち、民族系ブランド(中国の独自ブランド)の9月の販売は+6.9%増の69.86万台、市場シェアは+1.4ポイント上昇して39.9%。民族系はSUVが好調で、同セグメントのシェア52%を獲得した。民族系の1-9月の累計は+11.7%増の595.03万台で、市場シェアは+3.3ポイント上昇して40.9%となった。外資系では独系が引き続きシェアトップを維持している。単月・累計ともに前年実績を上回ったのは外資系では日系のみ。商用車の9月の販売は▲4.9%減の27.36万台、生産は▲3.2%減の27.36万台となり、販売は前月(0.6%減)より下げ幅が大きく拡大した。1-9月の累計は販売が▲11.8%減の250.87万台、生産が▲12.5%減の248.53万台。輸出は9月単月が▲28.9%減の5.56万台、1-9月の累計が▲16.5%減の55.36万台。

zu1

zu2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事