円全面高へ傾斜、日経225は売り転換、金のみ確り

ユーロと円のメジャー通貨の脇で、カナダ、オージーのマイナーがふらふらと原油、中国指標連動。今日は10時30分に中国9月消費者物価の公表ありで警戒。上海市場では売り先行となりやすいメタルは、目下、金がもっとも確り、インドの輸入増を確認し銀も確り。一方、失速ありのPGM。原油は調達買いがなく失速し、15日はブレント限月後交替で失速。シカゴ穀物は大豆が上にブレイクし、米国収穫とブラジル供給スローで、ちょっとした端境期にて、買い戻しが発生しやすい。ゴムは上海、東京とも上ですが疑いの目で見ていく。※シリアでの米ロの偶然の事故(航空機ニアミス発生)があっても緊張にはつながらないでしょう。片側当事者ロシアの全面戦争に変化しつつある。日経225は売り転換。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事