ベトナムでは天然ゴムからの転作が進んでいる

天然ゴム価格が下落しているため、ベトナムの天然ゴム生産農民は他の作物に転作する農家が増えている。2011年にはン当たり5000ドルで輸出していたベトナムの天然ゴム価格はこの9月はわずか1580ドルにしかならないとベトナム農業地方開発大臣は述べている。天然ゴム生産者はラテックスの価格が非常に安いため採液を中止したり、他の作物を作ったりしているという。ベトナム南部のBinh Phuoc地方で天然ゴムを栽培する農園のLe Minh Tung氏は、ラテックスを売った代金では労働コストや肥料代を真かねないとしてラテックスの収穫期であるにもかかわらず、収穫は行わずキャッサバの生産に従事しているという。彼の隣人も12ヘクタールの農園に12年物の天然ゴム樹があるが、これを放置してカシューナッツの生産に変えたという。Binh Phuoc地方は、天然ゴムの産地として知られているがすでに1800ヘクタールの農園が放棄されている。

zu1

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事