米国雇用統計で一息入れた商品価格

 先週末10月2日の米国雇用統計で、流れが少し変わったようだ。非農業部門就労者数が14万2千人増で、7月と8が多雨の就労者数の伸びも下方修正され、予想を大幅に下回った。年初からの平均19万8千人も下回っている。労働参加率は62.4%と非常に低い。また最近の米国GDPの伸び率は2.2%岱と低成長が常態化している。こうした数値は、10月のFOCMによる利上げも、12月も無さそうだという市場の感触を生んだ。12月が無ければ1月のFOMCはすぐ開催されるので、春先までは利上げはないということになる。そのため、金価格や原油価格は上昇し始めた。利上げという重石が取れた感である。金が上がれば900ドルを割れた銀やプラチナ価格が上がり、原油が上がれば天然ゴム価格も上がった。年初から唯一上昇していたコメ価格も引き続き上昇している。
 原油や天然ゴム価格は本当に減産できるのかが焦点となる。原油は競争社会にある米国の生産は減少傾向になっているが、サウジやイラク、イランなどの国家管理の原油生産はおいそれとは減産できず、国家歳入が欲しいこれらの国はむしろ増産気味である。天然ゴムはベトナムは他の農産物に転作しているが、利に聡い農民と国にべったりのタイやインドネシアの農民の差が今後どうでるかが価格の予測を変える。
 貴金属価格は底を打ったと判断できる。金は1100ドル当たりに下値抵抗線があるだろう。今後の見どころは1150ドルあるいは、8月24ン日の1168.8ドルを超えるかどうかである。需給的には中国やインドの実需が価格上昇とともに増加するものと思われる。プラチナはフォルクスワーゲンのスキャンダルで、ディーゼル車への信認が崩れ、ガソリン車が優勢になるとして、パラジウムが買われてプラチナが売られたが、売られ過ぎだろうと思う。中長期的にはプラチナ価格はこの価格帯で収まることはないと思われ、金価格を超えて上昇するものと思っている。900ドル割れは買いどころであろう。砂糖やコーヒーが急騰しているが、日本には取引所が無いので残念である。
 穀物は、天候相場が終わり、需給相場に移る。中国ではトウモロコシ在庫が徐々にはけつつあるがまだ多い。南米では作付が始まっている。大豆はブラジルからの輸出が前年比+38.8%増となっている。いずれにせよこの時機は決め手となるほどの情報は少ない。
 とりあえずは貴金属や原油、ゴムの買いか。ただし、どんどん上がるというほどの勢いは感じられない。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事