連休リスクはドル円で118円

FOMCで金利変更無しの午前3時にドル円は120.25へ下落。その後議長声明で119.77まで下落とドル安へ傾斜、ユーロは高値維持。さすがにドル安を背景に金銀と原油は確りで反発しつつ、プラチナは誰も近よらず、株価は高値から失速し、10月28日の金利決定に向け不透明感を残した形。もし当初予定にない会見が10月にありなら、利上げありなのか?。成長抑制要因が2%の物価目標への到達をはばんでおり、この低成長環境が継続することがまたリスク。コモディティは失速リスクを抱えながら、ドル安で水準切り上がりという「程度」。連休中リスクは、下落です。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事