秋相場は9月8日からのトレンドにつく

目先は動かずリスクが強まる。中国と米国休日で動意発生は9月8日過ぎから、薄い市場環境下でドル買い(ユーロ売り、しかし円売りに限界あり)へ傾斜中の3日朝、東京。この流れを経て、日米株価が深めの調整に入るならコモディティはメタルと原油が圧迫。将来的な時間軸は米利上げありきなので、その先々将来時点から、現在時点での価値判断に立ち返って、今どう動くかとして、それでも動意発生はメタル、原油ともに難しい。今のトレンドにつくしかないならゴムとコーンの売りです。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事