ドル買いへ傾斜、金下落再開

ウォール街は一段安回避ながら、先行下落のユーロ全面安2日連続で、ドル建ての金が下落再開追認のダウンサイドブレイクとなり、全貴金属は下向き(ただし、閑散で市場規模が小さいプラチナは横ばい)。原油は下向き継続の、シカゴ穀物はコーンが反落傾向で全般軟調、上海ゴムのナイトマーケットが弱くこれも下向き。目先はドル円の戻り天井120.36を確認し、ユーロ円で136節目を完全に切ってくるなら、ドル高円高傾斜で内外コモディティを圧迫。さてと南アではブリクスバンク(かくしてその実体は不明)にプラチナを準備資産にいれるよう提案するようですが、南ア鉱山業界は人も削減できず、相場は上がらず、メタルも売れずの3重苦で地盤沈下の一途をたどる見通し。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事