USDAコーン需給報告は真逆の弱気サプライズ

昨晩USDAから発表された穀物需給報告によると、2015/16年コーン生産高は、136億8600万Buと、前月から1億5600万Buの引き上げとなりました。大雨による作柄悪化で3億Bu程度の下方修正が予想されていましたが、真逆の結果となりました。現地視察によるイールド見通しが、168.8Buと2.0Buの引き上げとなり、引き下げの予想平均164.5Buを大きく上回りました。
需要は飼料その他が+2500万Bu、エタノール需要が+2500万Buそれぞれ引き上げとし、輸出は-2500万Buの下方修正となりました。2015/16年期末在庫は17億1300万Buと1億1400万Buの上方修正となり、市場予想の14.24億Buを大幅に上回り、シカゴは、投げ殺到で急落症状となりました。結果的に洪水の作柄悪化生産減をはやして買った筋がババ引く結果となりました
世界需給ではブラジル生産高が200万トン上方修正される一方中国生産高は、400万トン下方修正され、2015/16年世界コーン生産高は、9億8560万トンと前月から150万トンの下方修正となりました。世界期末在庫は、米国+290万トン、ブラジル+200万トン、メキシコ+80万トンの増加により、1億9508万トンと前月から513万トンの上方修正となりました。東京コーン先限も7/15-8/4にかけての下げ幅の半値戻しを達成しましたが、真逆の数字が出たことによりしばらく強気できる状況ではないでしょう。

kon001

kon003

kon004

kon005

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事