米国株、原油、メタルともデッド・キャット・バウンス

週明けはユーロ買いが持ち込まれ全コモディティはカバー先行。ドル安へ傾斜し米国株も浮上。さて週明けラリーが月曜どまりなら再度、売り直しの貴金属と原油となりますが、売り回転停止が近いのは金銀、PGMはPdが弱い。一方、原油は北海増産変わらずで、現物プレミアムが戻らず失速再開あり。そしてホット&ドライ天候が産地に戻り下値切り上げがCG穀物の一群。ゴムははっきりしない動きが続いているものの、いまだ売り目線でいます。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事