よくあるトレーディングの間違いを回避するために

トレーディング改善に向けた最初のステップは、今起こっている過ちに気づくことです。当初に間違いを犯すことは自然なことであり、間違いから学ぶことは最良の方法だと奨励されていますが、我々が必要なのは間違うことそのものはコストがかかりすぎるといったものではなく、何度も何度も同じミスをすることがいけないのだと確信することです。間違いを理解さえすれば、それと同時にその修正をすることが単純な一つのステップとなります。

- 複数の損失の後、トレーディングストラテジーを変更すること
100%儲けられるストラテジーは存在せず、すべてのストラテジーに損失する期間があるのはむしろ自然なことです。常にストラテジーを変更することはマーケットを追いかけているだけであり、大きな損失につながります。ストラテジーの長所と短所を学ぶことのほうがはるかに優れていることであり、このことでマーケットに適応できることとなります。

- 今後予定されているニュース/経済指標の発表を知らないこと
イベントは、マーケットに大きな影響を与えますし、そのタイミングではテクニカル分析は役に立ちません。ニュース/経済指標を発表する前後数分を取引するのがベストだという十分な理由がない限り、テクニカル分析は役に立たないと言えます。

- トレーディングプランがないこと
トレーディングプランがなければ、正しいのか間違っているのかを知る術はありませんし、どのように改善すべきかを知る方法もありません。また、事前に計画的なストップロスがないため、大きな損失につながる可能性が出てきます。

- トレーディング日誌をつけていないこと
取引を事後で追跡し、マーケットでの自分の考えや感情を書き留めることにより、独自のトレーディングのパターンを理解することで、自分のトレーディングを改善することができます。また、マーケット行動のメモを書き込むことによって、トレーディングストラテジーを改善し、新たなストラテジーを見つけることができます。

- トレーディング後の見直しがないこと
リアルトレーディングから学ぶことが、トレーディングを改善するための最良の方法です。トレーディングの何が機能し、何が機能しないのかといったことについて、マーケットは最高の審判です。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事