シカゴ穀物は、現物在庫払底から、下値切り上げへ

今晩の雇用統計は23万人の増加予想。今朝は既にドル買いへ傾斜しており、強い数字と主要株価指数のコンディションからは、ドル一段高の株安あり。となると、こと米国プレイヤーの目線から見れば貴金属では金を筆頭に下落し、白金とパラジウムは横ばいを経て遅れて下落の流れに。原油価格も下落傾向ながらほぼブレントの単独安。ドバイの下落が無く横ばいとなっており、売りも回転せずの東京だ。ゴムも222円越えで買い方向に転換する可能性あり。そして、シカゴ穀物は、旧穀在庫が消えていくなかで期近には買い戻し圧力が残存している。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事