フルタイムの仕事を持ちながらも収益力のあるトレーダーになる方法

この記事では、フルタイムの仕事を持ちながらも収益力のあるトレーダーになる方法をまとめています。多くの人々はフルタイムの仕事を離れ、フルタイムのトレーダーになることを夢見ています。というのも、多くのプロのトレーダーが自由の楽しさと富を持つことができるからです。しかし、フルタイムの仕事とトレーディングを学ぶことのバランスを取ることは難しく、このことがより一層フルタイムのトレーダーになることを不可能と思わせてしまうのです。トレーディングをフルタイムで学ぶために自分のキャリアを台無しにする必要はありません。トレーディングのスキルを構築し、プロのトレーダーへと前進するための方法を以下にまとめましたので、その手順を概説いたします。

ステップ1:ライフスタイルに合ったトレーディング手法を開発する

日常的なトレーディングプロセスを開発し、取引日のパターンを理解することは、一貫して収益を上げるカギとなります。あまりにも多くのトレーダーが計画性を持たずに単に自由な時間があるときに感性に従ってトレーディングをしています。集中的なアプローチを持つことは、トレーダーの勝敗を分ける大きな違いです。マーケットは現在、ほぼ1日24時間開いており、日本のトレーダーはフルタイムの仕事の後に、活況を呈する欧米マーケットを同時にトレーディングできるという利点を有しています。トレーディングに集中するための毎日一定の時間帯を選ぶことにより、ストラテジーを研究・構築するための取引市場を見つけることが可能となります。一貫して同じ時間帯の同じマーケットを見ることで、トレーディングストラテジー内部における利用可能なパターンを見出します。多くの人々がトレーディングで犯す最大の過ちは、トレーディングの計画を持っていないことです。一日の内で同じ時間帯にトレーディングをすると決めたトレーディング計画を構築する方が、はるかに強力であり簡単です。

ステップ2:マーケットへの一貫したアプローチを持つ

損失を計上した後は常に、取引市場とストラテジーを変更したくなる衝動に駆られます。一つのストラテジーと一つのマーケットに的を絞り、ストラテジーを改善する方法を見つけることの方がはるかに優れています。いつもお金を稼げるストラテジーは存在していません。一貫したアプローチを有してマーケットに参入することでストラテジーの長所と短所を学び、よりよくマーケットの変化に適応することが出来るのです。

ステップ3:一日を構造化する

フルタイムの仕事を持ちながらも、トレーディングを改善するために日中にやるべきことはたくさんあります。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事