中国製タイヤ反ダンピング課税受ける

米商務省は6月12日、中国製の自動車・軽トラック用タイヤの一部に輸入関税を課す決定を下した。ダンピング(不当廉売)行為のほか、中国政府から助成金を受け取っていたことを認定したと説明した。関税が課されるのは、山東永盛ゴムグループ、米クーパータイヤ&ラバーの中国子会社、佳通輪胎の子会社などのタイヤで、税率は14.35%~87.99%であるが、追徴関税率は20.73%~10077%まで企業によって異なるという。1年前にUnited Steelworkers Unionによって提訴され調査していたもの。輸入総額は2011年は9億6800万ドルだったものが、2013年には21億ドルに急増していた。

zu

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事