米国株はVIX上昇で正念場、急落リスクあり

ギリシャの資本規制の話もあって(否定された)、米国株は主要株価指数がオープンから下落。ユーロで1.1240ドル超え切り返し反転で金銀が持ち上がり、PGMは軟化。原油はブレントが現物価格61.03ドルに接近する形で7月限が最終取引日を向かえ失速し、需給緩和モード。シカゴ穀物は大豆、コーンとも限月安値を更新し失速継続し、ゴムは米国の中国製タイヤへの輸入関税導入で失速しつつ、上海が下げどまり、方向感模索。ということで金確りのPGM、原油、穀物が軟調です。※米国株はVIX上昇もあり、正念場。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事