トレーディングの性格に合わせてストラテジーを構築する方法

この記事では、トレーディングの性格に合わせて最適なトレーディングストラテジーを構築する方法についてお話します。収益性の高いストラテジーを使う場合において自分の性格と一致しない場合は、利益を生み出すことが大変難しくなります。例えば、一週間以上にわたってポジションを保有する、収益性の高いトレンド追従型のストラテジーを開発したと仮定します。ご自身の性格が長い期間のリスクを取ることについて許容できない場合には、ストラテジーが出すシグナルよりも先にポジションを手仕舞うこととなり、結果的に利益を上げることができなくなります。

典型的なトレーダーがストラテジーを構築するアウトラインを以下に示します。

1. 大きな利益が得られそうなストラテジーをオンラインまたは本の中で見つけます。
2. ストラテジーを試してみますが、適切に実行されず損失を被るか、正しく実行したとしてもストラテジーが機能せず、損失を被ります。
3. トレーディングの資金と自信を大量に失います。
4. 退場させられるまで手順1〜3を繰り返します。

次に、プロがストラテジーを構築するアウトラインを以下に示します。

1. マーケットを研究し、理解をした上でトレーディングのアイデアを見つけます。
2. ストラテジーを試しますが、検証後にお金を稼げないストラテジーであることがわかります。
3. 収益性を高めるため、ストラテジーを変更及び調整します。
4. 少額のお金を失いますが、実市場にてトレーディングそのものを学習します。
5. 一貫してお金を稼ぐまで、手順3と4を繰り返します。

それでは、様々なトレーダーの性格について簡単なアウトラインを見てみましょう。

迅速な意思決定者

速い意思決定の資質には、高いレベルの裁量と規則性を持ったトレーディングストラテジーが当てはまります。この個性は、一時間以内に多くのトレードを行うスキャルピングに向いています。大変スリルがあって楽しいものですが、間違いをすぐに受け入れられない場合や高いプレッシャーの下で悪戦苦闘する人には大きなリスクが伴います。
遅い意思決定者

遅い意思決定の資質には、分析と準備を入念にするトレーディングストラテジーが当てはまります。デイトレードにおいて、遅い意思決定者は、利益を得るため一回の取引を一日中待つこともあります。この個性は、市場分析に時間を費やし、潜在的な市場の動きに備えて、売買の機会を伺います。

リスク選好型の性格

リスク選好型は、一日の内で最もアクティブな時間帯を好みます。例えば、東京の午前9時での日経平均先物や、欧州オープン時(東京時間午後)のEUR / USDを狙います。自分の空き時間では、エキサイティングなスポーツに従事することもあり、新たな挑戦を探しています。このタイプのトレーダーは、市場の激しい値動きを見ると意欲が増し、トレーディングに対する正しい準備と集中といったモチベーションにつながります。

リスク回避的な性格

リスク回避的なトレーダーは対照的で、意思決定を行うには時間がかかります。激しい値動きを見るとあまりに危険だと察知し、ハイプレッシャーの下でトレーディングストラテジーを実行するのに躊躇します。このタイプは、時間が許す限り平和と静けさを楽しめる趣味に惹かれます。リスク回避的なトレーダーは激しいマーケットではないものの収益機会が存在する時間帯を見つけることで利益を上げることができます。損失をコントロールすることが一貫性を持って収益を上げるカギであり、退屈に耐えられる忍耐とリスク回避的な行動がストラテジーを成功に導けることになるのかもしれません。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事