ユーロ全面高、ドル円横ばい、金、白金、原油は上へ

ユーロ全面高に傾斜しつつ、ここからの1.14ドル越えで完全復活。コモディティでは金追随高で白金が上昇し、供給増でパラジウムと銀が下落。原油に投機買いが戻り(北海需給に変化無し)、東京も買いへ変化。シカゴ穀物は降雨で播種遅れのカンザスとミズーリの大豆は買い、小麦追随のコーン買いながら、東京は閑散注意で。ゴムは膠着ながら、買い目線。目に見えた変化で確実視されるのはユーロの1.13ドル、1.14ドル越えトライ。この流れのなかでドル円は無視され、東京も金と原油の買い主体へと傾斜します。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事