含み益のあるポジションを長く持ち。。。

この記事では、予想が当たった時には多くのお金を手にすることができ、予想が外れたときには少しのお金の損で済むかもしれないといった、初心者トレーダーが陥りがちである大きな過ちを克服する方法を紹介いたします。多くの人々が、トレーディングとは将来を予測することであり、そのことで夢のような生活と富を得ることができると考えています。事実、トレーディングの最も重要な要素は、強力なマネーマネジメントスキルを必要としています。プロのトレーダーとアマチュアの主な違いは、マーケットが正しいか否かではなく、むしろ利益と損失をどのように取り扱うかです。

プロのトレーダーは、将来はほとんど予想不可能であり、予測することが大変難しいことを実感しています。なので、正しい行動を取った時にいくら儲かるのか、あるいは間違った行動を取った時にどのくらい損をするのかといったことが定量的に把握できるよう集中します。トレーディングそのものを可視化する上で重要なことは、トレーディングで100%の利益を期待することよりも利益と損失についての確率を見ることです。トレーダーは、50%未満の勝率であっても、正しいマネーマネジメントにより大きな利益を上げることができるのです。

以下のリストは、含み益のあるポジションを長く持ち、含み損のあるポジションを素早く切ることについての制限を排除するヒントとなります。

1.完璧なトレーディングのようなものはありません。
トレーディングに関して負けられないといった考えに至ることは、損失を抱えることを期待していないことと同じであり、確定損失を出すことが大変難しくなってしまいます。思考を巡らせる上でのよい方法は、すべてのトレーディングは同じものであり、1回のトレーディングは、単に多くのトレーディングの中の1つとして考えることです。これは含み損のあるポジションを素早く切ることにつながり、結果として別の新たな収益機会を見つけることができるようになります。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事