ドル安転換で、メタルは反発あり

米国市場連休前でポジション調整先行。FOMC議事録公表を経てドル買いへ傾斜。ドル高環境の中でメタルは上がれず横ばいで、中は円安で切り上がり。円安を買う相場はドル建ての下落を買うバランスとなり注意が要ります。最弱はPGM。原油はブレント、WTIとも横ばいモードで欧州での精油所メンテナンスもあり調達停滞で、失速余地あり。シカゴ穀物は小麦の買い戻しが次第に一巡し、大豆コーンとも失速下落余地発生。ゴムはまたも膠着的となりますが、いまだ売り目線で。円安期待の買いはあくまで期待の範囲を出ず。なお、次第にポンド先行でドル安に傾斜中。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事