ロンドンプラチナウィークで、プラチナ需給の均衡を確認

昨日ロンドンからまとまったドル買いフローがユーロとポンドに戻りドル全面高へと傾斜。貴金属は銀、金、白金、パラの順で失速し、投機買いのみの弱さを露呈し失速し、上げ一巡。原油も期近から下落し、東京時間から下落し、ゴムも上海の売りの流れを受けて下落。且つ穀物は小麦の反発が終わりコーンの戻りを圧迫しつつ、大豆は売りのままと、トータルで見てドル全面高に押されるコモディティ全般です。※なお、ロンドンプラチナウィークでは、プラチナの需給均衡(投資減退、、南ア増産)を確認。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事