コメ相場の話しをしよう/現物流通実体と定期相場の乖離

平成23年産福島中通り産米の受け渡しが主体となる中で、14000円の値位置が地相場化する可能性がある。ただ、加工米が不足する中で、価格の安さから代替需要で福島産が買われ、銘柄米の余剰現物の発生もなく、流通事情はひっ迫傾向で、秋田こまち、宮城ひとめ、北海道きららの取引量が増加傾向。
足元は23年福島産米が売り切った後、現在、15,000円台の現物流通水準と、福島産相場となっている定期(東穀取、関西取)相場の乖離が修正される可能性あり。政府買い入れ実施の具体化や、24年産米の同県作付け見通しの不透明感から、端境期本格入りで上値追いが強まることもあり得る。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事