雇用統計は円を除きドル買いへ、コモディティ圧迫再来

最強コモディティであったブレントから投機買いが撤収。地中海から北海にかけての需給は調達減退。現物対比でプレミアムを形成していたICEブレントから失速し、これを受け利食い先行の東京です。英国選挙を経て今朝、ポンド買いのユーロ売りへと傾斜し、今晩雇用統計はドル買い(円を除く)と出る見通し。ドル高もあり、貴金属は金と白金が失速下落先行で、売りへ。シカゴ穀物は大豆横ばいのコーンが失速。ゴムは今日クアラルンプールでIRCO会合があり、価格停滞脱出策が出されるかも知れない。流れは依然、として上海市場に主導権ありです。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事