マーケットの動きを知ることがなぜ重要なのか

短期、中期、長期を問わずどの時間帯のトレーダーであっても、日中の時間帯別価格動向を把握することは、大いにトレーディングの意思決定を改善させてくれます。市場はほぼ24時間動いています。ある時間帯において活況であるか閑散であるかを知ることはトレードのタイミングを計る上でも大いに助けとなるでしょう。

市場の一日の値動き平均や出来高がどのようなものであるかを知ることでトレードのタイミングを改善できます。以下、そのリストとなります。

ストラテジー構築の有効活用

市場の活況な時間帯を把握することで、照準を合わせるべき時間帯を絞ることが可能となります。例えば、早い動きを好むトレーダーは米国市場が開いた最初の一時間のみトレードを行います。一方、市場の転換点を狙うトレーダーは、日中の最も市場が静かな時にエントリーを行い、いわゆるリバーサルを狙うことで利益を獲得します。

一般的には、市場が活況な時にはトレンドフォロー型のストラテジーが有効に働き、閑散な市場の場合にはレンジを利用した逆張りトレードが有効に働きます。この考え方は単なる指針でしかないですが、日中の市場の動きを分析することでベストの時間帯を把握することができ、トレーディングに生かすことができます。

リスクマネジメント

直近の値動きの平均を知ることで、トレードを行う日が通常時と比較して動く日なのかそうでないのかがわかります。その情報をもとに、トレーディングそのものをリアルタイムで調整することも可能です。例えば、現在走らせているストラテジーが金先物の$5を利食いのポイントとしているときがあると仮定します。ただ、今日のマーケットは通常時よりも動きが少なく大きなニュースもないといった場合には、その利食いのポイントを$3.5にすることで、より安全に利益を確保することができます。利食い幅を小さくした場合は損切り幅を小さくすることで、リスク・リワードレシオ(利益と損失の割合)を一定に保つことを忘れてはいけません。その反対に、市場の動きが大きいと判断した場合は、利食い幅を大きくすると同時に損切り幅を大きく設定します。損切り幅を大きくし、利食い幅を小さくするといったバランスを欠いた調整は無残な結果となる可能性が高まります。もし、市場の変動が今後激しくなると考えた場合はマーケットの変動リスクを相殺する形でポジションのサイズを落とし、リスクを一定に保つことが必要です。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事