JPMorganが銀を大量保有・中国の政府保有金は?

 本日の週刊ゴールドに書いた内容であるが、ブルーンバーグ等によれば、JPMorganは5,500万オンス(約1,710トン)もの大量の銀の現物を貯めこんでいるという。2012年初めから同社の銀の在庫量は、500万オンス(約155トン)も積み上がっているという。JPMorgan ChaseのCEO Jamie Dimon氏は、投資家に対する書信において、またいずれ危機があるだろうと述べ、この危機は金融市場に大きな影響を及ぼすだろうという。次の危機の引き金は前のものとは異なるだろう。それが起きれば、今非常に安くなっている金や銀の価格は大きく反転するだろうという。
 またSilver Seek.comはペーパーマネーが105兆ドルにも膨らみ、銀の価格は世界で最も割安なものになっている。主要株価が過去最高値を更新している中で銀のペーパープライスは、もう少し下落するかもしれないが、資産価値を保管するという考えをほとんどの投資家は忘れてしまっていると述べている。金も銀も今すぐ高騰するという予感は無いが、いずれ高くなるのではないかという微かな見込はある。そのため、資金を持っている人々は、せっせと金や銀を安い間に貯めこむのであろう。
 また、中国の政府保有金は2009年の1054トンから変わっていないが、これはどう見てもおかしいという。香港経由等で大量の金が中国に輸入されており、世界最大の金産出国である中国からは金はほとんど輸出されていない。中国は民間も併せて世界最大の金保有国になれば、とりあえずはIMFの特別引き出し権に人民元を入れる動きを取るだろうという。これは今年秋にも公表され、その時に中国の政府保有金量は1054トンよりずっと多いことが明白になるだろうという。貴金属は長い目では買っておいて損は無いと思う。
 
株式会社 コモディティー インテリジェンスでは毎日発行している週刊ゴールド(月)週刊経済指標(火)週刊穀物(水)週刊原油(木)週刊テクニカル分析または週刊CX(金)週間展望(金)月二回のコメ(第二・第四木曜)の単号(一枚)売りを始めました。詳しくは弊社サイトをご覧ください、(http://commi.cc/

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事