原油在庫は前週比+531万バレルの大幅増だが、ガソリンは堅調地合い。

EIAが昨晩発表した週間石油統計(4/17時点)は、原油在庫が前週比531万5000バレル増加の4億8900万2000バレル、ガソリン在庫が前週比 213万5000バレル減少の2億2573万8000バレルとなりました。
 NY原油受け渡し場所となるオクラホマ州クッシング原油在庫は前週比73万8000バレル増加の6220万バレルとなり過去最高を更新しました。昨晩のWTI6月ものは、0.45ドル安の56.16ドルでしたが、ただガソリン需要は前週から27.1万バレル増の日量918万5000バレルになったことや、ガソリン在庫の予想以上の減少を受けて改質ガソリン5月ものは192.45セントと前日比+3.64セントの急騰となりました。これを受けて夜間セッションの国内ガソリン先限も一時61000円台を回復するなど堅調な動きとなりました。チャート的にも一目均衡表の雲の上に半年ぶりに顔だし、春の需要期を迎え堅調地合いが続きそうです。押し幅の倍返しの68000円どころがターゲットとなりそうです。

oil1

oil2

oil3

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事