金とプラチナの価格

 先週はインドが大雨で4月21日のAkshaya Tritya祭ではインドの農民が金の宝飾品を購入する余裕はないだろうと述べたが、本日の週刊ゴールドに書いた記事では、インド宝飾品小売商によれば、金価格価格が安定しているので、前年の2割増の需要が見込まれるという。3月のインドの金輸入量も増えている。またバンクオブアメリカメリルリンチが今年の金価格は1500ドル平均と予想している。現在の金価格が1203ドルなので、300ドル高い平均価格である。ファンドマネジャー調査によれば、米国株の割り高感が出ているようである。(ファンドマネージャー調査については明日の週刊経済指標にてレポートする)一方米国の利上げの影響は金にとっては軽微であるという、ワールドゴールドカウンシルのレポートでも、利上げは、通常景気が良いことが前提にあるので、景気が良い時は金の需要も良くなることが多く、利上げ単独で金が売られるということは無いという。ただ、米国の利上げにより、ドル高が一層進めば金にとっては向かい風になる。しかし、これもドル高はかなり行き過ぎ感があり、ユーロや円に対してドル高の修正が行われる可能性もある。金価格の予測はいろいろ複雑であるが、ファンドの建て玉から見ると、金を買うほどの意欲は沸かない。また、プラチナはロイターによるアナリスト31人に対するポール(アンケート調査)では、今年のプラチナ平均価格は1,200ドルという。これは現在の1,167ドルより少し上の価格であるが、プラチナ需要はそれほど芳しくなく、また昨年末の在庫は78トンあったといい、かなり重石となっているという。こうした状況から金もプラチナも余り買う気は起きない。

米商品先物取引委員会(CFTC)が公表した4月14日までの週の大口建玉(ファンドの建玉)は、顕著な動きとしては以下があった。

<取組高> 
取組高が増加した主な商品は、トウモロコシの+6万5,967枚増の187万5,432 枚、大豆の+6万5,131枚増の105万407枚、天然ガスの+4万490増の105万8,961枚、 原油の++3万5,032枚増の266万9,816枚、銀の+1万670枚増の22万588枚、金の+6,624枚増の58万6,197枚であった。取組高が減少した主な商品は、砂糖の▲3万6,845枚減の 110万4,451枚、 小麦の▲1万3,706枚減の 53万5,012枚
取組高が増加した主な金融商品は、2年物米国債の+4万5,488枚増の 143万9,126枚、ユーロの+2万5,293 枚増の56万2,328枚、5年物米国債の+2万520枚増の217万571枚、長期米国債の+1万5,659増の58万6,979枚、10年物米国債の+1万4,137増の 333万1,712枚であった。
取組高が減少した金融商品はほとんどない。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事