ドル高円高へ回帰、コモディティは戻り高値を確認中

流れはユーロ売り円買いとなり、全体トーンはドル高円高、日米株価下落、コモディティは貴金属高どまりの原油は戻り高値形成を経て失速中。ドル高への本流回帰で且つ、調整が遅れていたドル円に下落余地が大となります。貴金属では金銀確りのPGMが横ばいで、これに円高ということで東京は白金にやや暗雲。イエメン情勢はタンカーレートの保険料が上がりそうですが、作戦行動から24時間を経過し、既に過去モードの話となりつつある。失速開始もあり。国連抜きの行動で作戦勝ちとなりました。シカゴ穀物は南米に輸出需要が向かい、横ばいで、ゴムも当限にタイト感を残しつつ、上海も横ばいと方向感無し。※目先は失速待ちのTOCOM全般ですが落ちやすいのは白金、原油関連。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事