ベトナムが天然ゴム輸出国会議に清拭に加盟した。

サイゴンタイムスによれば、ベトナムはタイ、マレーシア、インドネシアの天然ゴム価格を支える地域貿易ネッットワークに加盟することを合意した。ベトナム農業地方開発省のCao Duc Phat大臣は、農業、農業協力省のPitipong Phuengboon Na Ayudhaya大臣を訪問して語った。ベトナムはAsean Rubber Councilに正式に加盟する。タイ政府は、ラオスや、カンボジア、ミャンマーにも加盟を働きかけている。当局によれば、4月1日に会合を開催するという。タイのThaksin Shinawatra前政権は、天然ゴム輸出カルテルを結成しようと計画したが、他の国の賛同を得られず実現しなかった。天然ゴム世界の天然ゴム生産量野70%を占めるタイ、インドネシア、マレーシアの3カ国は昨年11月、来年から輸出量を削減して供給を絞ることを約束したが、今までのところその数量や減産に至る過程の取り決めが行われていない。

zu

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事