取り引き記録を付けることの重要性について

【取り引き記録を付けることの重要性について】

zu1

何でもそうですが、技術向上にとって一番最善の方法は、自己の成績を定期的 に見直して、強みを伸ばし、弱点を克服することです。毎回の取り引きを記録し結果を把握することによって、成績と取引レベルが向上します。そして 利益率を上げるための方法も見つけやすくなります。

以下のデータを、常に取り引き記録(スプレッドシート)に入力しましょう。

  Trade date: 取引日
  Market traded :取引した商品名
  Position taken :ポジション内容
  Entry time and price: 仕掛け時間と約定値
  Exit time and price: 手仕舞い時間と約定値
  Trade reason :取引した理由
  Trade commission :手数料

この情報を取り引き記録に入力することによって、相場に対する分析力が向上し、成績も変わってきます。分析することにより、ただ勝負の結果を出すだけでなく、取り引きの過程に意識を置いて改善できるようになります。 結果のみを重視するのでなく、最終的な損益結果までの過程にも目を向ければ、ストレスが減る一方で、
取り引き技術は向上し、次第に利益率も向上する ことでしょう。

十分な取り引き履歴があれば、次のような分析が可能になります。

・素早くリアルタイムにプラットフォーム(マルチチャート)上で取引結果をもとに勝敗をすり合わせる。
・勝つ際の時間帯をパーセンテージで算出。
・平均的なpips益とpips損失を算出。
・過去最大益と過去最大損失を算出。
・ベストな取引の日とそうでない日を確認。
・結果をグラフ化し、パフォーマンス傾向を確認。
・それぞれの市場における獲得利益と用いた戦略 を確認。

このような情報に一度目を向ければ、徐々に自分の弱点に気付き、利益を伸ばすための強みに焦点を合わせることが可能でしょう。

もし一週間の中で1取り引きにおける最大利益が、同じ期間内での最大損失の半分にも満たなかった場合、そのことを記録する必要があります。取り引き毎の平均利益が平均損失より低く、勝率が50%以上なら、その勝率も記録する必要があります。

こういった情報を数週間にわたって記録すれば、自分の取り引きの癖が見えてきて、損益結果よりもそれまでの過程に意識を向ける事ができるのです。

この記事は、詳しい取り引き記録を付けるための簡単な紹介です。次回は、もっと詳しくお話します。質問があれば、遠慮なくお問い合わせください。また、今回の内容に関するセミナーに興味がありましたら、気軽にお申し込みください。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事