バブル形成とコモディティ

25日年の初最小値幅の後でユーロにドル高動意ありでユーロ全面安ドル全面高(しかし、ドル円上がらずで円安は限定的)。株式市場は好調で、弱い引き締めバイアスのもとで堅調。ここから数年先にコモディティが上がってくると本格バブルになるでしょう。2007年~2008年ピークのように。さて、コモディティは持続的な実需買いが無く貴金属は横ばい。ブレントはマイルド上昇ながらWTIは米国ローカル原油にて続落、東京はブレントリンクでドバイ上昇の影響を受け石油製品は確り。ゴムは生産国のインドネシア会合への期待も後退しつつウインタリングで産地需給はタイトで、これを映す東京。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事