3月はドル安から貴金属の上昇あり

イエレン証言2日目を前にロンドンでユーロショートのカバーが入り始め、ドル安へ傾斜。先行してポンド、オージーが上昇。2015年最小値幅を経てユーロと円に動意発生ありかの3月相場。金で20ドルほどの綾戻り反発あり。原油はブレントが上にブレイクし、WTIの下落を阻止、韓国向け調達もあり下値切り上げとなり、実需背景の上げ。そして穀物はいまだ底練りが続き動かず。米国内で供給潤沢なコーンと10ドル越えを農家売りが圧迫。ゴムは昨日からバンドンで開催の生産国の価格下落阻止ミーティングの行方に関心。※ドル安傾斜でコモディティ全般に底堅さが戻る。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事