「相場と選択」

突然ですが、下のチャートを見て、「どれを買いましょうか?」と尋ねられた場合、皆さんはどのように答えますか?

A?、B?それともC?、全部?もしくはどれも買わない・・・。

我々は、刻一刻と変動する相場と対峙しています。そしてこの変化自在ともとれる相場の世界で収益を上げるため、値位置、テクニカル分析指標のサイン、経済指標などを見ながら、仕掛ける銘柄やタイミングを日々「選択」をしています。

(いずれも先限日足終値 期間は2011年9月~2012年1月24日)

このチャートの続きがどうなっているのかは誰にもわかりません。なぜならこのチャートは2012年1月24日(金)午前11時時点のもので、続きはこれから追加されていくからです。

このレポートでは、なぜこのような相関が生まれるのか?についてではなく、今まさに直面しているこの状況において、どのような「選択」の可能性があるのか?また、その根拠はなにか?について書いてみたいと思います。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事