ウクライナ情勢は依然、ロシア側優勢

プーチン大統領はウクライナ政府に都市攻防戦から撤退し、戦線を後退(親ロ派には前進)させるように提案。この状態ではウクライナのNATO入りは無く、ロシア優勢のウクライナ情勢で、これが平和への道。18日~24日の春節連休を前に貴金属で金銀白金が急落し、下落コースを確認した。季節巡りの製品需要増で、ブレント先行で原油は上昇し、WTIは失速は無視して東京は買いの目線を維持。ゴムは上海休日入りで利食い先行もありです。シカゴ穀物は大豆反発のコーン横ばいながら、東京は閑散注意で。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事