戦争回避か否かのウクライナと離脱ありのギリシャ

最弱は貴金属でトレーディング的には何も出来ず、売りも買いも回転せずですがあえて動くなら売り。ドル高で上がらない時代。原油はブレント先行で上昇傾向でゴムと同様に買い目線を維持、製品べースで需要が発生し調達買いが発生してくるでしょう。シカゴ穀物はコーンに目先反転の目ありのUSDA需給見通し前。※目先は戦争回避か否かのウクライナと、離脱ありのギリシャに関心。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事