NY金価格は近いうちに下落するのではないだろうか

2015年2月3日 NY金価格は下がるかもしれない。

 以下は昨日書いた週刊ゴールドのエッセンスを解説したものであるが、NY金は、1月2日の終値1186.2ドルから2月2日の1276.2ドルまで、90ドル、約7.6%上昇している。最近2015年の金価格を予測したレポートが2つ出ている。一つは1月28日に発行されたLondon Bullion Market Association(LBMA)による2015 LBMA Forecast Survey であり、もう一つは、1月29日に発行されたGFMS Thomson Reutersの1 Year Outlook for Gold 29th Jan 2015 –Base Caseである。前者のLBMAのレポートは、31人の貴金属アナリストによる2015年の貴金属価格予測アンケート調査の平均値であり、それぞれのアナリストはなぜそう思うのかという根拠とともに価格を予測している。後者は貴金属の情報機関であるGFMS Thomson Reutersが今後1年間の需要と供給を予測したうえで価格を予測しているものである。

 前者の2015年の金価格は、2014年平均が1,267ドルであったのに対し、2015年上半期は1218ドルと昨年より▲49ドル値下がりすると見ており、2015年平均では1211ドルと上半期より更に7ドル下がって前年比では▲56ドル安となっている。

 後者の2015年の金価格は、通年平均で1,170ドルと昨年より▲97ドル安となっている。

さて、どちらも1月末に発行されていることに注目されたい。つまり、2015年の貴金属価格を予測しているにもかかわらず、内容的には1月中旬までの価格の動き、つまりNY金の値上がりを織り込んだ予測である点が注目される。昨年に作成されていたのでは、年初からの上昇局面を予測することはかなり難しかったと思われる。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事