原油の洋上在庫は現在、4000万バレル

今晩のECB総裁会見に注目です。ユーロ買い戻しの後で再度ドル高でしょうか、この想定される環境で貴金属は確りとなり金、白金ともに20ドル安があれば買いでしょう。原油もブレント、WTIともに急速には反発しませんが、下落速度は鈍化し地上在庫、洋上在庫の増加を背景に余剰分を吸収する動きありで、既に続落回避モードに入っています。現在、確認された洋上在庫は4000万バレル。また、シカゴ穀物は輸出の強弱では大豆が弱くコーンは確り。ゴムは旧正月接近で中国向けの買いが減退しており、当先10円超の順ザヤを背景に、売りの目線で見ています。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事