擬似リセッション状態のコモディティ

円全面高3日目のNY引け。貴金属はドル建てでは高どまりながら、円全面高へ傾斜し、東京に重さありにて、東京は利食い先行もありです、ドル円だけを見れば売り目線に傾斜。ブレントは2月限が最終日でWTIとのスプレッドが回転しなくなり一旦、買い戻しとなり反発、しかし底打ちではない、在庫保有目的のアジア精油所の買いが北海を持ち上げているものの、これは需要を先食いしている状態。シカゴ穀物も期近からスリップダウンとこれも売り目線、ゴムも下落傾向を維持。今朝はNYダウがダウンサイドへブレイクし、株価に不穏な気配あり、パラジウムの下げもETFの売りかも、銅価下落は原油よりも影響が大きく、コモディティは擬似リセッション状態へ。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事