デフレ下の円全面高がTOCOMを圧迫

日経225の買い転換は否定され16870割れ売り2日目。円全面高2日目は115円攻防を意識の1月です。ドル高ユーロ安ながら今朝はプラチナと銀はが上にブレイク。貴金属は買いスタンス維持ですが東京は利食い先行もありで、ドル円だけを見れば売り。ブレントがダウンサイドへブレイクし、東京も勿論売り。ゴムも売りスタンスを維持しつつ、シカゴ穀物は地合い軟調で南米生産者の売りヘッジ限月である5月限が消えるまでは戻り売り。旧正月前の中国需要一巡で大豆失速、コーンも農家売り伸展もあり売りです。デフレ下の円全面高はいつもきた道の日本のファンダメンタルズ。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事