金価格は1300ドルへの戻りをトライ

金相場は上昇継続。1250ドル越えを経て1300ドルをトライへ。2015年はユーロ主導でのドル高(1.16~1.00ドルへの下落)過程にある中で、ユーロ建て金価格は上昇傾向を維持。一方、日中ベースで短期的に中立化しながらユーロ安が続く一方で、既存円ショートの解消からドル安圧力を内包する通貨バランスにある。1180ドル以下の売りがワークせず、動意発生の米国時間では株価オープンとともにピンポイントで金価格が上値追いとなるケースが増えている。2015年央でのFFレートのゼロ金利離脱は既定路線にあり、次は22日のECB理事会、続く25日ギリシャ総選挙が焦点。1300ドルトライに向かう中で、当面の東京金は4650円を下値に上昇継続しよう。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事